いちゃキャバとは

着席接客でお酒を飲みながら楽しくお喋りする事に加えて女の子へのお触りがサービスに含まれるお仕事です。

キャバクラとの大きな違いは、女の子へのお触りがあります。

 

給料システム

いちゃキャバは、夜20時〜翌1時【エリアによって変動】まで営業しています。

東京都内は、ほとんど翌1時閉店ですが、郊外エリアは翌5時まで営業してるお店もありますので、要確認になります。

給料は、時給+歩合の合計になります。

時給相場は、東京都内であれば時給3,500円〜4,500円くらいまでは全然出ます。

郊外エリアでは、時給3,000円〜4,000円が相場になります。

歩合は、キャバクラ同様に指名・同伴バックにドリンク・ボトルバックがあります。

 

いちゃキャバのメリット

いちゃキャバは、キャバクラよりも高時給が出るので稼げます。

サービス内容もセクキャバやおっパブと違ってソフトな内容なので、風俗未経験の女の子には非常にお勧めです。

下のお触りは服の上からでもNGになってますので、生理になっても体調さえ良ければ出勤しても支障はありません。

キャバクラと違って同伴ノルマや罰金などが一切無いので、プレッシャーなく働けます。

 

いちゃキャバのデメリット

お酒が入っているので、中には酒癖が悪いお客さんは服の中に手を入れてこようとするお客さんが一定数はいます。

また、アフターの際に店外セックスを要求してくるお客さんも多いです。

最大のデメリットとしましては、デリヘルのような他の風俗業種と違って営業時間が短く高収入が得にくい部分になります。

 

お勧めのエリア

東京都内がお勧めです。

東京都内であれば、時給も高く提示してくれるのと客入りも良いです。

新宿には有名店も沢山ありますので、保証時給も高く提示してくれます。

郊外エリアは、あまりお勧めできません。

 

纏めとして

いちゃキャバは、風俗業種の中でもサービス内容はかなりソフトなので、未経験の女の子には非常にお勧めな業種です。

ただし、他のデリヘルやソープのような風俗業種と比べると収入面に関しては少なくなってしまいます。

サービス内容よりももっと稼ぎたい女の子であれば、デリヘルやソープがお勧めです。