朝キャバ・昼キャバとは

朝キャバは、午前6時〜午後0時くらいまで営業しているキャバクラになります。

昼キャバは、午前9時〜午後3時くらいまで営業しているキャバクラになります。

 

朝キャバ・昼キャバの給料

朝キャバ・昼キャバは、夜のキャバクラよりも時給の相場が下がります。

大衆店舗の相場は、時給2,500円〜時給4,000円前後が一般的です。

高級店舗の相場は、時給3,500円〜時給5000円前後が一般的です。

この時給に歩合を換算したものが貴女の給料になります。

歩合は夜のキャバクラと変わらず、場内指名や本指名や同伴もあります。

ドリンクバックやボトルバックもありますが、夜のキャバクラと違ってあまり高いお酒が入らないと言われています。

 

朝キャバ・昼キャバのメリット

昼夜逆転の生活にならずに、規則正しい生活を送ることができます。

また、小さなお子さんがいる女性にとっては子供を保育園or幼稚園に預けてから出勤することもできるので、子供のいない時間に稼ぐことができます。

また、子供の保育園or幼稚園が終わる頃には営業が終わっているので、そのまま迎えに行って子供との大切な時間を過ごせます。

 

朝キャバ・昼キャバのデメリット

夜のキャバクラと違って時給相場が下がってしまうことがデメリットです。

また、客層が同業者だったり、キャバクラなどをはしごした既に酔っているお客様の接客をしなければならない事もあります。

 

お勧めのエリア

東京都内や地方在住の女性であれば中心地がお勧めになります。

中心地は、朝キャバ・昼キャバの中では最も高級店舗が集まる地域であり、夜のキャバクラには届かなくても多少は相場の時給より働くことができるでしょう。

郊外エリアは、どうしても大衆店舗が多く時給相場は下がります。

夜キャバよりも時給が低いので、少しでも高い地域で働くことをお勧めします。

 

大衆・高級店舗の採用基準

大衆店舗では、かなり採用基準は低いので多少ぽっちゃりしていても採用はあります。

余程容姿に自信が無いとかのレベルで無ければ採用されるお店がほとんどです。

高級店舗になると、レベルは高くなります。

夜キャバの高級店舗程は高くありませんが、大衆店舗は採用されなければ厳しいです。

夜キャバの大衆店舗が採用されるくらいのレベルであれば、朝キャバ・昼キャバの高級店舗の面接は通るでしょう。

 

纏めとして

朝キャバ・昼キャバは、お子さんがいる女性や昼夜逆転の生活をしたくない女性にはお勧めの業種です。

もし、お店を探してみようかなという女性がいましたら是非お問い合わせ下さい。

東京であれば、ほぼ全店舗の契約がありますので貴女に合うお店をピックアップします。

地方にも沢山ありますので、地方在住の女性もお気兼ねなくお問い合わせ下さいね。