単体AV女優になる特徴ランキング

単体AV女優になる女性には特徴があります。

某大手メーカー責任者に聞いた単体AV女優としてデビューしやすい女性の特徴をランキング形式で1位~5位まで発表します

第1位 現役or元芸能人
第2位 高学歴の女性
第3位 黒髪清楚系の女性
第4位 ロリ系の女性
第5位 お姉さん系の女性

 

第1位現役or元芸能人

最近のAV業界では、芸能などの肩書きが重要視されます。

肩書きが付くだけで話題性が生まれて売り出しやすいからです。

芸能の肩書きが付けばほぼ90%以上単体AV女優としてデビューできるでしょう。

また、名前が売れていればいるほど総ギャラは跳ね上がります。

 

第2位高学歴の女性

東京大学や御茶ノ水など、いわゆる国立大学出身の女性は単体AV女優としてデビューできる確率が高くなります。

高学歴という肩書きが付くので話題性が生まれるためです。

早稲田や慶応でも高学歴としてデビューする事もありますが、やはり東大などの肩書きの方がインパクトを与えることができます。

 

第3位黒髪清楚系の女性

AV業界では、もはや定番中の定番である黒髪清楚系の女の子はメーカー側からも使いやすいため需要があります。

実は、AVのビデオを買うお客様の層の約4割程度が秋葉原のアイドルにはまっている男性が多いからです。

AKB48やアナウンサーにいそうな清楚系の女性は、ビデオの売り上げが見込めるのでメーカー側も使いやすいのです。

 

第4位ロリ系の女性

AVの単体枠は、清楚系・お姉さん系・ロリ系・熟女系などジャンルで分けられます。

この単体枠が1番広いのが清楚系やロリ系の女性です。

透明感がある清楚系やロリ系の女性は、先程も述べたようにビデオの売り上げが見込める為採用枠が広いのです。

 

第5位お姉さん系の女性

最近では、お姉さん系の女性もAV業界ではウケが良くなってきています。

抜群のプロポーションを持ったお姉さん系の女性は、人妻枠や熟女枠として単体デビューできるでしょう。

基本的に年齢は20代後半が人妻枠としてメーカー側から使いやすいみたいです。

 

 

単体AV女優になるバストカップランキング

単体AV女優になるには、胸の大きさが重要です。

某大手メーカー責任者に聞いた単体AV女優としてデビューしやすい女性のバストカップをランキング形式で1位~5位まで発表します。

第1位 Hカップ~
第2位 Gカップ
第3位 Fカップ
第4位 Eカップ
第5位 Dカップ

 

第1位Hカップ〜

AVでは、巨乳であればあるほど単体枠で採用される確率が高くなります。

やはり、ビデオを買うお客様の中でも年齢層が50代〜70代が圧倒的に多いです。

昔の世代の男性は、巨乳好きの男性が圧倒的に多いという事もあり、ビデオの売り上げが見込める為です。

形や色なども重要視されてきますが、まずは大きさが1番の見られるポイントでしょう。

 

第2位Gカップ

基本的に、1番多い単体AV女優のカップ数がGカップと言われています。

容姿が優れていてGカップあれば単体枠で確実にデビューできるでしょう。

基本的に巨乳を企画とした作品に沢山出演できるので、お仕事が増えます。

おっぱいの形や色がHカップの女性よりも見られるポイントが上がります。

 

第3位Fカップ

AV業界での巨乳のラインは、Fカップと言われています。

巨乳企画の作品で呼ばれることもGカップに次いで多いでしょう。

AV業界では、Fカップはギリギリのラインなので形や色がかなり重要視されます。

お碗型のピンク色の乳首など万人ウケするお胸の持ち主は基本的に人気が出ます。

 

第4位Eカップ

巨乳枠では、少し大きさが足りないかもしれません。

しかし、容姿が優れていれば問題無く単体枠でデビューが可能です。

現在売れている女優でもEカップくらいの女性は全然います。

メーカー側から形なども重要視されます。

しかし、豊胸してEカップまで大きくなった女性は人気が出ない傾向があります。

 

第5位Dカップ

巨乳枠では、少し難しいラインになります。

どうしてもビデオで見ると実際よりも小さく見えてしまうからです。

容姿が通常の単体デビューする女性よりかなり優れている必要があります。

Dカップでも、演技が自然で人気を維持しているタイプの女優もいますので、可能性は0ではありません。

 

単体AV女優になる年齢ランキング

単体AV女優になるには、年齢が重要です。

某大手メーカー責任者に聞いた単体AV女優としてデビューしやすい女性の年齢をランキング形式で1位~5位まで発表します。

第1位 19歳〜20歳
第2位 21歳〜22歳
第3位 23歳〜24歳
第4位 25歳〜26歳
第5位 27歳〜

 

第1位19歳〜20歳

AV業界は若ければ若い程、男性から人気が出やすい傾向があります。

まだ、法律が変わる前は高校卒業と同時に単体デビューする女の子も多かったです。

これは、つい最近までJKだったというキャッチコピーでビデオを売りやすいからです。

基本的に、この年齢で容姿も優れていて巨乳であればほぼ間違いなく単体デビューできるでしょう。

 

第2位21歳〜22歳

現役女子大生などのブランドが活かせるのでこの年齢も単体デビューしやすいです。

恐らく、現役単体AV女優の中で最もこの年齢の女性が多いのではないでしょうか。

また、初々しさが見る側にも伝わるので人気が出やすい傾向があります。

 

第3位23歳〜24歳

単体デビューする枠では、若妻として扱われ始めるのがこの年齢からになります。

基本的に、素人枠もギリいけるのでどちらもこなすスタイルの女優さんが多いです。

素人枠でも若妻枠でもどちらも役にハマる女性は仕事が無くなる事はないでしょう。

しかし、素人枠よりも若妻枠は一般的にギャラが下がります。

 

第4位25歳〜26歳

単体デビューする枠では、若妻として完全に扱われます。

基本的に素人枠は、厳しくなるので人妻系の役が多くなります。

お姉さん系の女性でないとこの年齢では単体枠は厳しいと言われています。

 

第5位27歳〜

単体デビューする枠では、若妻系はかなり減り完全に熟女系が多くなります。

基本的に30歳〜35歳くらいの女性が一番熟女単体枠を確保しやすい傾向があります。

各メーカーが毎年出すビデオの役に使われやすいのがこの年齢です。

熟女枠ではライバルが一般的に減る傾向があり、一度人気が出れば熟女枠を安定して確保できる状態になります。

 

纏めとして

基本的に単体AV女優は、年間18,000人のAV女優が誕生する中の500人ほどしかいません。

かなり狭き門ではありますが、今回ご紹介した全てのランキングの第3位くらいまでに入っている女性は、デビューできるでしょう。

しかし、判断するのは全てメーカー側にあるので、まず一度プロダクションの面接に行ってみることが大切です。