最近のAVの出稼ぎ傾向

出稼ぎと聞くと風俗のヘルスやソープが主に主流になっていますが、最近は地方から出稼ぎに来るAV女優も多くなってきています。

例えば、普段の平日は地方でOLとして働いている完全に素人の女の子が東京に土日のどちらかを使ってAVの撮影に来たりしています。

または、ゴールデンウィークなどの長期休みを使って東京にAVの出稼ぎに来ています。

AV女優は主に単体AV女優、企画単体AV女優、企画AV女優の3種類に分けられます。

この中で単体AV女優以外のグレードに所属する女の子であればOLさんでも働けます。

比較的その日に終わる撮影が多いからです。

また、お金もOLさんからしたら日給5万円くらい貰えるので昼職のお仕事だけでは生活苦の女性にも非常に有り難いシステムです。

 

単体枠と昼職の掛け持ち

例えば、OLさんが昼間の仕事をしながら単体AV女優のお仕事は可能なのかどうか?

答えはやろうと思えば出来るかもしれませんが基本的には難しいと考えるのが正解です。

理由は、次の項目でご紹介する2つのリスクがあるため掛け持ちは難しいのです。

 

①単体AV女優は身バレする

まず、同じ職場の人間にバレてしまいます。

単体AV女優は、今はメディアの影響でアイドルや芸能人に近い存在になってきています。

発売前はTSUTAYAのAVコーナーの入り口入ってすぐに大々的に看板広告が置かれます。

他にも週刊芸能などの雑誌広告などにも大きくデビュー情報が掲載されてしまいます。

 

②撮影は最長3日かかる

単体AV女優は、企画女優のような少しの時間で撮影が終わるほど簡単ではありません。

単体AV女優は、朝9時にはスタジオ入りして撮影が始まりますが、南の島での撮影とかになると最長で3日間くらいかかることがあるので、昼職をしている人には難しいです。

過去には単体AV女優でありながら元々の昼職も掛け持ちしていた女性が有休消化を上手く使ってスケジュールを調整していました。

しかし、彼女も業界で有名になるにつれて社内で身バレしてしまい辞めてしまいました。

 

風俗とAVの出稼ぎの違い

風俗の出稼ぎは、1回の単価も低いしどうしても素人の男性を相手にするので性病にかかるリスクがありますが、AVはリスク無しです。

AVの場合は、出演する全ての男女が性病検査を受けてクリアした人だけが出演します。

つまり、性病にかかる可能性が0だとは必ずしも言い切れませんがリスクは少ないです。

また、AVの出稼ぎでの撮影は風俗の出稼ぎと違って身体に負担もそこまでありません。

風俗の一般的なヘルスやソープの出稼ぎは、どうしても単価がAVよりも下がります。

大体60分10,000円くらいが相場なので、AVと同じ金額を稼ぐには5回転は必要です。

1日に5回転もすればマ○コを傷付けてしまう恐れもありますし、身体に負担があります。

 

AVの出稼ぎが流行り

風俗の出稼ぎも勿論多いですが、最近は少しずつAVの出稼ぎの方も増えてきています。

やはり、AVプロダクションが交通費の往復分や宿泊先のホテルなどを負担してくれるし、AVプロダクションが福利厚生の一環で整形をや歯医者や美容院、フィットネスジムなどの美容関係を優待割引を受けて

利用できるようにしているので地方の女の子にも人気です。

10年後には風俗の出稼ぎよりAVの出稼ぎの方が市場を上回る日が来るかもしれません。

 

出稼ぎの対応を確認

AVプロダクションによっては出稼ぎ対応に非常に良い待遇をしてくれるとこがあります。

そこは、求人でお問い合わせした際に必ず交通費や宿泊先確認することをお勧めします。

中には、福利厚生どころか交通費や宿泊先が実費なとこもあるので注意が必要です。

 

失敗しない為の出稼ぎ

AVの出稼ぎ対応で最も良いプロダクションに所属希望の女性は弊社にお任せ下さい。

数々のAVの出稼ぎに対応してきていますのでどこのAVプロダクションが最も出稼ぎで来る女の子に対応が良いのかを知っています。

未経験・経験者問わず対応させて頂きます。