今AV業界で読モのAV女優が重宝されます。

今回は読モが何故AV業界で今求められているのかを徹底解説していきたいと思います。

 

肩書きと職業柄映える

芸能の肩書きがあるのもメーカー側からしたら売上が見込めるので理由の1つです。

ただ、最も重要な部分は、バラエティなどで現在幅広く活躍しているニコルやみちょぱ、ゆきぽよの登場が深く関係しています。

読者モデルはルックスが良いのは勿論ですし職業柄カメラに撮られることに非常に長けているので、どんなシーンでも映えるのです。

この角度からはこういう表情が良く映るなども分かっていて自分をエロく見せれます。

 

過去に読モからAV女優になった例

それでは、ここで過去に読モからAV女優に転身して業界で人気を誇った有名なAV女優さんを何名かご紹介していきたいと思います。

 

希志優希さん

2016年の年末前にあの有名なプレステージというメーカーから現役読者モデル女子大生20歳がAVデビューで大々的に発売されました。

20歳で胸はありませんが、プレイに一生懸命で女子大生独特の素人さが溢れ出ています。

また、声優さんのような喘ぎ声が好評です。

発売から瞬く間に人気が出て現在も第一線で活躍しているAV女優さんの1人です。

 

愛乃なみさん

彼女も2012年の12月に読モからAV業界に転身してAV女優としてデビューした1人です。

Gカップのお椀型の美巨乳なおっぱいにサーモンピンク色をした綺麗な乳首は、男性からかなり好評でファンを一気に獲得しました。

案の定発売から瞬く間に人気が出て続々と単体作品を有名メーカーから出していきます。

 

平井綾さん

2008年に人気読者モデルからAV業界に転身してAV女優としてデビューした1人です。

北海道出身の色白で黒髪の美少女である彼女は元読者モデルの抜群の容姿にFカップの抜群なプロポーションでクリスタル映像から専属デビューして瞬く間に人気を得ました。

彼女は、2008年〜2010年までの約2年間をAV業界第一線でずっと活躍してきました。

 

あいかりんさん

日頃AVを見ている男性の中では知らない人はいないという程に有名になったあいかりん。

読モからAV女優として転身した例で最も有名かつ人気を得たのはきっと彼女でしょう。

なんせあの2007年頃からギャル業界で絶世を風靡していたeggやmen’seggの中でも人気がある中デビューした超有名モデルです。

芸能人専門メーカーで高ギャラを提示するMUTEKIからデビューしてすぐに人気が出てどんどん作品をリリースしていきます。

しかし、単体女優から企画単体女優としてグレードダウンしてAV業界を引退しました。

現在は、若い世代を中心に『いい波乗ってるねー』のフレーズで人気急上昇中のイイ波のってん⭐︎NIGHTをリリースしたファッキングラビッツのメンバーとして活動しています。

 

読モは知名度抜群

読モは知名度が抜群なのでAVのメーカー面接で素人の女の子と比べてかなり有利です。

面接官もそのモデルを予め知っている人が多いので面接前に予めチェックしています。

普通の素人の女の子は、単体女優としてデビュー出来ればかなりラッキーと言われていますが、読モなどは芸能枠として扱われる為MUTEKIなどのメーカーも受けられます。

基本的に素人の女の子を扱う専属メーカーが提示する総ギャラは150万〜200万程が多いがMUTEKIになるとそもそも桁が違います。

数千万〜数億円にまで上がる事もあります。

芸能人としてどれだけ知名度があるかもギャラの金額が変わる要素ではあるので、過去に貴女が出た雑誌がどれだけ有名なのか、またその雑誌の表紙を飾れたのか、どれくらいの期間かなどがギャラが上がるかの要因です。

 

読モだけでは稼げない

基本的に読モのお仕事は、給料は時給1000円だったり月給5万円が相場になります。

当然高校生のうちはこれでも生活はできるかも知れませんが、大学生になると一人暮らしを始める女の子も多いし、地方から夢の読者モデルを目指して上京してくる女の子も多く家賃もかかるので生活が苦しくなります。

そんな女の子が読者モデルの肩書を使ってAV女優になり二足の草鞋を履く方もいます。

今はAV女優も恵比寿マスカッツの影響もありセクシー女優として十分活躍できます。

 

読モの女の子は優遇します

当サイトにご応募頂きました現役読者モデルや読モ経験者は高待遇をお約束します。

読者モデルがかなり優遇されるプロダクションと弊社は契約しているので、メーカー面接も他よりかなり有利ですし、良いお仕事も沢山貴女に回ってきますのでお任せ下さい。