撮影会モデルとは

主にアマチュアのカメラマンが集まって撮影されるモデルのことです。

このモデルさんは、一般のOL・主婦・レースクイーン・コンパニオン・アイドルの卵・グラビアの卵などが多く、テレビに出るような有名な芸能人クラスは1人もいません。

 

撮影会モデルの仕事内容

撮影会モデルは、アマチュアのカメラマンに撮影されることがお仕事内容です。

カメラマンからポーズや衣装替えを要求されることもあり、基本的には断れません。

撮影場所は、スタジオや自然が多い森の中や公園や海など場所は変わります。

 

撮影会モデルの給料事情

所属しているプロダクションによっても給料は変わり、時給制or歩合制に分かれます。

主に所属仕立ての撮影モデルの場合は、ファンもいないので時給制になります。

当然プロダクション側が貴女を撮影する取引先に営業してお仕事を取ってきてくれます。

経験を積んで、ファンが増えてきたら歩合制に切り替えることで稼ぎは増やせます。

時給制だと1時間3000円〜のスタートのプロダクションが多く、ファンが多い女の子だと最高で時給2万円を貰う人もいます。

ちなみに、歩合制のところは5〜6枚セットの撮影で3,000円くらいが相場になります。

撮影モデルAさんと撮影モデルBさんを例にしてどれくらいの給料なのかご説明します。

 

撮影モデルA

時給3,000円で1日6時間勤務

3,000円×6時間=日給18,000円

 

撮影モデルB

5枚撮影毎に3,000円で6人が撮影

3,000円×6人=日給18,000円

 

時給制と歩合制のどちらがお勧めか?

お客さんを多く抱えているなら、歩合制がお勧めであり、お客さんが少ないのであれば時給制のプロダクションがお勧めです。

上記の例で説明すると、お客さんが6人以下であれば時給制でやった方が稼げます。

グラビア活動をしていたりする女性は、一般のOLさんなどに比べてファンが増えやすい傾向があるので、歩合制がお勧めです。

 

基本的にバイトや副業がお勧め

撮影会モデル1本でお仕事をしている女性はほとんどいないのが現実です。

撮影会モデルは、副業やアルバイトとして人気があるお仕事であり、空いた時間を使ってお金を稼ぐことができます。

OLさんなどであれば、会社がお休みの土日に撮影会に参加する女性が多いです。

駆け出しのグラビアモデルさんであれば、グラビアのお仕事がオフの日に撮影会に参加して生活費のプラスαとして稼いでいます。

 

身バレに関して

身バレしてもリスクも特にありません。

また、撮影会モデルで撮影された写真は、著作権付きの画像を販売する会社が販売サイトなどを通して写真を販売します。

購入者は、主に企業の社長や個人事業主などが自身のサイトでイメージ画像として使ったりする為に購入しますので、そういった知り合いが特にいないのであればバレません。

 

肩書きが付く

撮影会モデルのプロダクションに登録しておくことでモデルの肩書きが付きます。

この肩書きは、色々な高収入のお仕事をする際に有利に働くので便利です。

肩書き欲しさに撮影会モデルになる女性も最近では増えてきています。

 

幅広く採用される

撮影会モデルは、清楚系でもキャル系でも女の子の系統は特に関係ありません。

色々な撮影会モデルを揃えていた方がプロダクションとしてもお仕事を貰いやすいので、基本的に容姿が並以上であればプロダクションの面接で不採用になることはありません。

 

大切なのはプロダクション選び

撮影会モデルを始める上でプロダクション選びが非常に大切です。

このプロダクション選びを間違えてしまうとお仕事が入ってこなかったり、給料が低いなどの問題が発生します。

必ず口コミサイトや求人サイトに掲載された嘘の情報を鵜呑みにせず、自分に合ったプロダクションを選びましょう。

 

纏めとして

撮影会モデルは、副業やアルバイトで働くには効率良く稼げるお仕事です。

OLさんであれば、本業のお給料にプラスαで給料を貰えれば生活に余裕が出ます。

芸能活動をしている女性も知名度を上げることができるし、副業としてお金も稼げます。

また、自分がモデルになった写真が企業のホームページなどで使われていると何だか有名になったような嬉しい気分も味わえます。

撮影会モデルを始めるには、まずプロダクション選びから始まりますので、もし自分に合う優良なプロダクションが分からない女性は是非お問い合わせ下さい。