チャットレディとは

リアルタイムでパソコンの画面越しの男性と会話したり裸を見せたりするお仕事です。

ノンアダルトとアダルトの2種類に分けられていて当然高収入を得ようと思えばアダルト

の方が得られやすいです。

チャットレディは、基本的に男性が今夜抜くオカズを探してログインする事が多いのでアダルトのチャンネルに行くからです。

 

勤務形態

チャットレディは、自宅で自由に空いた時間を使ってできる在宅勤務タイプとプロダクションや店舗に所属してオフィスに通う通勤型タイプの2種類に分けられます。

どちらが良いかは、本人の判断によります。

未経験の女性は、最初はちゃんとした大手のプロダクションや店舗で働く通勤型でお仕事の流れを学ぶことをお勧めします。

 

お仕事の前に必要なもの

お仕事をする前の準備として、パソコンにカメラとマイクを取り付けます。

このカメラやマイクの費用は、チャットレディを運営しているプロダクションや店舗に所属するのであれば無料で貸してくれます。

個人でサイトに登録する場合は、当然本人持ちになります。

パソコンやカメラやマイクを自分で揃えようと思えば、初期費用として7万円は最低でも必要になります。

 

在宅勤務の方

高収入が見込めそうなライブチャットサイトやチャットレディサイトに登録します。

ログインすれば、あとは男性が自分のチャンネルを見に来てくれるのを待つだけです。

 

通勤型勤務の方

個室ブースが与えられていて、その中にはプロダクションや店舗が用意したパソコンやカメラやマイクが備わっています。

あとは、パソコンにログインして男性客が自分のチャンネルに訪れるのを待つだけです。

 

チャットレディの給料

完全歩合制と時給+歩合の2種類あります。

在宅勤務型と通勤型で給料形態は異なり、給料の歩合パーセンテージも異なります。

基本的に在宅勤務型は、完全歩合制です。

貴女が稼いだ金額に対する歩合バック率は、約40%〜60%の間になります。

プロダクションや店舗への通勤型では、備品の提供料などその他経費が引かれて、歩合バック率は、約25%〜35%の間になります。

しかし、プロダクションや店舗の場合は時給を付けてくれる保証制度を用意してくれている所も多いので日給0円はありません。

個人で行う在宅勤務型では、もし貴女のチャンネルを訪れる男性がいなければ日給0円も普通に起こり得ます。

 

在宅型勤務の報酬例

19時〜22時までの3時間勤務

5人のお客さんが開始から最後まで閲覧

1分50円の歩合率50%のサイトに登録

50円×60分×3時間×5人=45,000円

45,000円×50%=22,500円

これが貴女の日給の手取りです。

 

通勤型勤務

19時〜22時までの3時間勤務

5人のお客さんが開始から最後まで閲覧

1分50円の歩合率30%の事務所に所属

50円×60分×3時間×5人=45,000円

45,000円×30%=13,500円

これが貴女の日給の手取りです。

 

チャットレディのメリット

空いた時間にお金が稼げる

画面越しなので顔バレしにくい

生理期間中も関係なく仕事ができる

人気が出れば高収入が得られる

通勤型の場合、初期費用がかからない

通勤型の場合、時給が発生する

 

チャットレディのデメリット

在宅型の場合、日給0円の日もある

在宅型の場合、高額な初期費用がかかる

人気が出るまでは高収入は見込めない

通勤型の場合、歩合率が低い

 

纏めとして

チャットレディは、高収入が得られるまでに忍耐力と時間が掛かります。

チャンネル登録者がどんどん増えていけば日給0円の日は無くなってきて、安定した収入が見込めるでしょう。

InstagramやtwitterのSNSに似ています。

フォロワーがどんどん増えれば、やがて広告収入を得られるようになります。

チャットレディもいきなり最初から登録者が増える事は考えづらく、徐々に口コミや掲示板などで話題になり人気が出てきます。