オナクラとは

男性のオナニーを鑑賞するお仕事です。

男性は自分がオナニーをしているところを女性に見られている事に興奮します。

お店によってはコースによって分かれていて一般的に手コキコースや足コキコースなどが主流になります。

当然、鑑賞コースだけよりは、手コキコースや足コキコースの方がバックは高いです。

鑑賞コースのみのお店でも、オプションとして手コキ・明日コキ・言葉責め・つば垂らしなどがあり、女子バックとして貰えます。

 

給料システム

20分2,000円〜の激安店や20分5,000円〜の高級店があります。

これは、お客さんがお店に支払う料金でありこの料金の30%〜50%が女の子の給料です。

お店によってバック率の配分が異なるため、面接の際に確認する必要があります。

基本的にオナクラは回転率が良いので、1日4人〜5人は接客します。

女の子は、これ以外にも本指名バックやオプションでも稼げるので、日給で3万円以上稼ぐ女の子もいます。

ほとんどヘルスで働く女の子と変わらないくらいの給料を貰っている女の子もいます。

 

オナクラの採用基準

オナクラは、お店によっても変わりますが一般的に採用基準は低めです。

余程容姿レベルが低いなどの女の子でなければ不採用はまずありえないでしょう。

しかし、稼げるかはまた別問題であり、日給で3万円以上稼ぐ女の子はほとんど容姿レベルは高めになります。

また、高級店舗の方がバックが高いので3万円を超えるにはお勧めです。

 

オナクラのメリット

風俗業種の中でもソフトなサービスの部類に入るため未経験でも安心して働けます。

最初は、鑑賞用コースのみ🆗にして慣れてきたら手コキコースやオプションなども解禁していくようなスタイルでも大丈夫です。

また、見るだけでお金が稼げるので生理中も体調さえ大丈夫であれば、出勤も可能です。

マイナンバー対策もしっかりしてるので給料は手渡しになります。

 

オナクラのデメリット

オナクラはソフトなサービスである分バックが低いというデメリットがあります。

特に激安店では、単純計算で10人くらい相手にしてやっと日給で3万円稼げます。

現実的にはほぼ不可能であり、大体が日給で8,000円で落ち着きます。

元々回転で稼ぐスタイルの業種になるので、体力が必要なお仕事になります。

また、オナクラはオプションを沢山付けなければ稼ぐ事が厳しいです。

日給で3万円以上稼ぐ女の子になると、オプションは全て🆗にして、更に容姿が優れている子が多いです。

 

纏めとして

オナクラは、基本的にちょっとしたバイト代を稼ぎたい風俗未経験の女の子にお勧めしたいお仕事です。

もし、風俗経験者でがっつり稼ぎたい女の子であればオナクラの給料には物足りなさを感じてしまうでしょう。

そういった女の子であれば、ヘルスやソープがお勧めになります。