AV女優の仕事内容・面接・給料【ギャラ】事情まで徹底解説

これからAV女優を目指す女性に取って具体的にAV女優とは、どのような仕事なのか?

面接内容はどんな内容なのか?

また給料はどれくらい貰えるのか?

どんな女性が人気あるのか?

この全ての疑問にお答えします。

 

AV女優にはグレードが存在する

AV女優と一括りに呼ばれる事が多いですが、実はAV女優の中にはそれぞれグレードに分けられていて給料もルールもそれぞれ異なります。

 

・企画女優

AV業界で働く女性の中で、この企画女優が1番多いと言われています。

AV女優は年間で10,000人以上が新しくデビューしている中の75%がこの企画女優に属しています。

一回の撮影をしてもらえる給料は、3万円~15万程度となっています。

月に撮影する本数に制限が無く、仕事の依頼があれば稼げるし入らなければ稼げない形式になっています。

勿論企画女優の中でも人気が出てくればギャラが上がったりもう一つ上のグレードに属したりする事もあります。

 

・企画単体女優

AV女優全体の20%がこの企画単体女優が占めています。

こちらは、企画女優よりも1本のギャラが上がります。

1本単位で15万~35万くらいが現在の相場になっています。

こちらも同じく月に撮影する本数に制限が無いので、実はこの企画単体女優が1番稼げると言われています。

 

・単体女優

AV女優全体の5%程と言われている単体女優は1本撮影したギャラが50万円~200万円程と言われています。

ただ月に1本の撮影しか出来ない仕組みになっています。

最近ではアイドルのような扱いを事務所からも受けるのでこの枠に入れば相当稼げるでしょう。

 

単体女優に属する女性の傾向

単体女優になれる女性には、ある程度の特徴が無いと厳しいでしょう。

一般的に単体女優になりやすい特徴は下記のような女性です。

・胸が大きく(Fカップ以上)お姉さん系でスタイルが良く容姿端麗な女性
・胸が大きく(Fカップ以上)清楚系で20歳前後の容姿端麗な女性

上記のどちらかに該当する女性は、単体女優になれる確率はかなり高いです。

ただし、妊娠線・リストカット・タトゥーのどれかが当てはまってしまうと、例え上記のどちらかに該当していても単体女優にはなれません。

またAV女優で単体女優の方は、ほとんどが地方出身の方が占めています。

東京に出て有名になりたい女性にチャンスがあります。

単体女優の中でも肩書きが重宝される

・ハーフ系やクオーター系
・東大や高学歴大学のミス
・元芸能人or現役芸能人など

上記のような女性は、単体の中でもギャラが跳ね上がる可能性が高いです。

知名度があってメディアでも露出している女性の場合は、芸能人専属メーカーに合格することもあります。

この場合は、ギャラの桁が変わり数千万円〜数億円になります。

面接の際に用意しておく身分証

身分証はパスポート1点で可能

免許証の場合は、本籍地記載ありの住民票が必須です。

 

プロダクション面接

面接では、コミュニケーション能力を審査されます。

企業の面接のように事務所で行われる事が多いです。

過去の恋愛歴や印象に残ったエッチについても聞かれます。

プロダクションによっては、裸になることもあります。

ビジネス上のチェックになるので、変なことをされる訳では無いのでその辺は安心して頂いて大丈夫です。

また、合格が決まると下着姿で宣材写真を撮ります。

 

地方在住の女性はスカイプ面接も可能

地方在住の女性の場合、どうしても面接で東京に来れない場合はスカイプ面接も対応してくれるプロダクションもあります。

その場合は、後日に事務所にきて宣材写真だけ取る形式で対応してくれます。

必ず応募した段階でスカイプ面接希望の場合は、対応できるのかどうか確認しておきましょう。

 

メーカー面接

まず、プロダクションで面接をして所属が決まったら次はメーカー面接をします。

このメーカー面接で、貴女がどのグレードに属するのか決まります。

メーカー面接では、ちょっとした自己紹介から始まり、いくつかの質問に答えていく形式です。

面接が終わると1週間以内にメーカーからの合否が出ます。

ここで単体であれば、総ギャラなどの内訳が事務所に伝えられ、その後貴女へ伝達されます。

企画や企画単体女優の場合は、メーカーから出演の依頼があれば伝達が来ます。

依頼が無ければ、お仕事が入るのを待つ事になります。

 

エリアとプロダクション選びが重要

地方出身の女性も必ず東京都内にある大手プロダクションを選びましょう。

理由として、東京都内と地方ではギャラの相場は一緒でもプロダクションから支払われる金額が変わります。

基本的に東京都内のプロダクションであれば、メーカーから支払われる総ギャラを折半したものが女優の給料になります。

しかし、地方のプロダクションの場合は、4割など少し引かれるものが多いのです。

また、地方から出てくる女性の場合は東京の方が顔バレしにくいというメリットもあります。

基本的に大手プロダクションは、所属女優をチェックして判断しましょう。

有名女優の数が多ければ多いほど大手の優良プロダクションになります。

 

AV女優の給料日

基本的には、東京の優良な大手プロダクションであれば、お給料はお仕事をしたその日に全額貰えます。

中には、月末締めの翌月払いや月3回に分けてお給料を支払うところもあります。

そういったプロダクションであっても、当サイト紹介の女性であれば、交渉次第で当日全額日払いの対応をしてもらうことも可能です。

また、給与明細書を発行してくれますので、お給料に関するトラブルも一切なく安心してお仕事ができます。